部門紹介

 

看護部 (ご挨拶)

看護部理念

①病院理念に基づき、地域住民に信頼と安心の看護を提供する
②質の高い看護を提供し、医療チームにおける看護職の役割を果たす

看護部方針

・専門職としての誇りを持ち、看護の質の向上の為に個人の資質を高めるとともにチームとして成長できるよう努める
・安心・安全な医療と看護を実践する
・1人1人の患者様に応じた看護を提供する
・看護の継続・地域との連携を強化し、地域住民の健康増進に貢献する
・人への愛と命の尊厳に根ざした人間性豊かな看護師を育成する

当院看護部の特徴


  • ① 経験豊富でなおかつ謙虚に学ぶ姿勢を持った看護師が多い
  •   →信頼と安心の看護につながる
  • ② 「とにかく看護師・看護助手がやさしく親切」と地域の皆様から定評がある
  • ③ 特に中途採用者の教育・指導に定評がある(再チャレンジ可能な土壌が整っている)
  • ④ 子育て世代が多く、助け合い・お互い様精神が浸透定着している。
  • ⑤ 常勤看護師は100%看護協会に入会している
  •  →院外研修などに積極的に参加し研鑽を積んでいる
  • ⑥ 短時間正職員制度の導入、院内研修会の勤務時間内開催の徹底などワークライフバランスの推進に取り組んでいる。短時間正職員は2018年4月現在4名在籍しています。また日勤終了後等の時間外の研修は一切行っておりません。
  • ⑦ 急性期病棟にありがちな殺伐とした雰囲気とは無縁の穏やかで落ち着いた職場環境である
  • ⑧ 2交代制であり、夜勤明けの後次の勤務までは最短でも30時間以上空きがある。夜勤中には2時間の仮眠を取ることが習慣化されており夜勤明けの日も有効に使うことができる
  • →余暇の充実
  •  

<番外編>
☆看護部長が男性である
女性が圧倒的に多い看護界において男性の視点は重要。今後増々男性活躍を推進していきたいものです。ちなみに当院では20年以上前から現在まで病棟・外来に関わらず広く男性看護師が活躍しています。男性の存在は職場の雰囲気を変えるのに一役買っているのかもしれませんね。今後も男性看護師大歓迎です!
 

新河端病院 看護部長 福島 朋樹






ページトップへ